前へ
次へ

腰痛ベルトのメリット・デメリットについて

腰の痛みを感じる時に利用する腰痛ベルトには、装着により動ける範囲を広げてくれるというメリットがあります。痛みが酷い時には動く気力さえ失くしてしまう腰痛ですが、安静にしてばかりでは筋肉やその他の身体機能を落としてしまうことになり、職場や学校への復帰を遅らせてしまう原因となります。ですからベルトを装着することで動ける範囲を広げるということは、副次的に腰痛改善につながる行為であるとも言えます。尚、ベルトを選ぶ際は「痛みの程度」を基準にするのが良いでしょう。痛みが強く日常生活に大きな制限がかかるような場合は幅広タイプのものを、痛みがそれほど強くない時は幅の狭い一重ベルトを使用するのがおすすめです。ただし腰痛ベルト自体には痛みを治癒する力はありません。特に慢性化した腰の痛みについては、ベルトを使用したとしても痛みの軽減や機能改善に大きな成果は望めないと言われています。その他、装着時にムレを感じることや、装着することで着こなしに影響が出る場合があることもデメリットと言えるでしょう。

Page Top